レビトラジェネリック

レビトラジェネリック

レビトラジェネリック

※画像は沢井製薬HPより引用

2014年にバイアグラのジェネリック医薬品が販売されて以降、ED治療薬はジェネリック医薬品が主流となりましたが、シアリスやレビトラの特許が満了したことにより主なED治療薬はすべてがジェネリック医薬品に切り替わる事になります。
バイエル社が製造・販売するレビトラが2020年5月に特許期間が満了したことにより、今後国内製薬会社がレビトラのジェネリック医薬品を製造・販売する事が可能になりました。まずは東和薬品からレビトラジェネリックが販売されます。また今後も多数の製薬会社からレビトラジェネリックが販売されることでしょう。レビトラジェネリックもレビトラと同じ効果が作用し、服用方法も同じになりますが、新薬と違い開発コストが安く抑える事が出来るため通常のレビトラよりも販売価格を抑える事が可能になります。
また、レビトラは供給が不安定な薬剤でしたが、レビトラジェネリックが流通する事により安定した供給が可能となります。

レビトラとは

レビトラ(一般名:バルデナフィル)はドイツのバイエル社が製造・販売しているED治療薬でバイアグラの次に販売が開始されました。レビトラの語源はフランス語で冠詞のleとラテン語で生命の意味を持つvitra、この2つを足して「levitra」と表記し「男の生命」いう意味があります。
レビトラは現在は世界100ヶ国近くで販売されています。日本では2004年4月に承認されてその年の6月に販売が開始されました。性能はバイアグラと類似していて、勃起を改善する効果はあまり変わらないのですが、バイアグラの方が知名度が高い事もありレビトラのシェアはあまり大きくありません。世界中ではバイアグラ100mgの方が圧倒的に多く処方されています。

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品のジェネリックは「一般的な」といった意味を持ち、英語では「generic medicine」と表記されます。日本では後発医薬品と表記する場合もあります。
ED治療薬だけではなく全ての医薬品は製造から販売まで製薬会社が長い期間をかけて研究や開発に労力と開発費がかかっています。そして販売された薬には「特許」が発生し、特許の有効期限内は他の製薬会社がその薬剤を製造する事が出来ません。
しかしおよそ10~20年の特許期間が切れた後は、他の製薬会社が厚生労働省の承認のもと、同じ成分の薬剤を製造販売する事が可能となります。この特許が切れ、他の製薬会社が製造した薬剤がジェネリック医薬品になります。新薬を製造販売する際には、安全性はもちろん品質管理から製造管理まで数々の基準が定められて製造されています。
ジェネリック医薬品も同様の基準・規則を守って開発されており、新薬と「同等の効果・有効成分」がなければ「ジェネリック医薬品」として販売する事が出来ません。ですのでジェネリック医薬品は安価であるだけではなく安心して服用して頂けます。

レビトラジェネリックの効果

レビトラジェネリックの効果はレビトラと同じです。服用するとおよそ15~30分で効果が発言し、6~8時間程度効果が持続します。
同じED治療薬のバイアグラと効果は類似していますが、レビトラはやや即効性があります。バイアグラを使用した際に副作用がみられた方や相性が合わなかった方にオススメしています。
バイアグラ、レビトラ、シアリスなどのED治療薬は血管を拡張させて勃起を補助する薬剤です。性欲促進や精液を作る作用はありませんので、それらは亜鉛やマカ、DHEAなどのサプリメントを摂取する事で改善されます。
レビトラジェネリックはレビトラ同様に1日1錠、空腹時に水やぬるま湯で性行為の30分以上前にご服用ください。服用した際に効果をあまり感じられなかったとしても連続で服用せず、服用後は24時間以上空けてください。

レビトラジェネリックの副作用

副作用もレビトラと同様、他のED治療薬と同じ副作用が発現します。ED治療薬の副作用はアルコール摂取時の症状と似通っており、多くは火照り感、頭痛、目の充血、鼻詰まり、視野が青色に見える等の副作用が現れます。
どれも一時的なものばかりですので過度な心配は不要です。薬の効果が薄まるにつれて症状も治まっていきますが、どうしても頭痛の症状が強く出て性行為に支障が出る場合は市販の頭痛薬を服用して頂いても問題ありません。

レビトラジェネリックのネット通販・個人輸入代行に注意

レビトラジェネリックをインターネット通販で購入しようと検索すると、多数の通販サイトが存在しており海外ジェネリックのレビスマやバリフを購入する事が可能ではありますが、レビトラなどED治療薬は医師のもと処方をもらわなくてはいけない薬剤です。またネット通販では偽物が多く出回っており、現在国内でED治療薬を販売・製造している4社(日本新薬・日本イーライリリー・ファイザー・バイエル)が調査したところ、ネット通販で出回っているED治療薬の6割が偽物であることが明らかになりました。
また同4社が2011年の2月25日から3月4日の9日間に全国のED治療薬を使用している方を対象にインターネットで調査を行ったところ、9割の方が「インターネットで購入できるED治療薬は偽物等が多い」と認識しているのですが、8割の方が「自分が購入したED治療薬は本物で偽物ではない」と考えていることが判明しました。インターネットでの購入は個人情報の流出や粗悪なED治療薬の模造品による健康被害等多数のリスクがあります。
外医薬品は薬監証明を取得した病院やクリニックで医師が処方する事が出来ます。ED治療専門の医療機関での処方で安全に海外ジェネリック医薬品をご利用頂けます。

診療メニュー一覧

診療の流れ
採用情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
京都四条烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト
PAGE TOP
タップで電話発信します
052-564-5800
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
(休診 15:00~15:30)
アクセスのご案内 診療の流れ 求人情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
京都市場烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト